『ユリイカ #9』開催レポートと今後のお知らせ

皆さん、こんにちは。ユリイカ運営スタッフです。


本記事では前回行われたユリイカ #9の開催レポートと今後のイベント運営のお知らせを書いていきたいと思います。


イベントレポート

改めまして、ユリイカ #9にご来場いただいた皆様誠にありがとうございました。

また、Twitter上での告知にご協力くださった方々にも合わせてお礼申し上げます。


本イベントは総勢17名の方にご来場いただき、皆様のおかげで大盛況の中幕を閉じることができました。今回の大きな注目点としてはMTGはM20、ポケカはリミックスバウトが出た直後での開催となった点でした。


MTGでは今回特に発売して間もなかったことから様々なアーキタイプが見れるイベントであったような気がします。その中でも特に対戦卓が騒がしくなった印象が強いのが、ジャンド恐竜と赤単ですね。この2つのアーキタイプは特にライフ20点からの即死パターンがあったことから大いに盛り上がっておりました。(なお事件現場の写真を取っていた人物は恐竜に食われてしまったので写真入手失敗…)


また、サイドイベントでは「Magichilの集い」を実施。このイベントは大会形式で実施するユリイカ初のイベントだったのですが、普通のイベントとは異なり、好きな局面で手を挙げてアドバイザー(運営)を呼ぶことでアドバイスを貰えるというものでした。


ただ、アドバイザーを呼べるのは大会中3回という制約が付いていたことから、どの盤面で使うかが難しく、参加者一同呼ぶに呼べない状況が多くなっていました。可能な限りアドバンテージを手放したくないのはカードゲーマの性なのでしょうね。次はこの問題点を大きく改善して取り組んでいきたいですね。


ポケカの方はリミックスバウトの発売から2週間が経ったタイミングでした。こちらもまだまだ発売したばかりということで、いろいろなデッキを試されている様子でしたが、中でも悪タイプのデッキを使用される方が多く見られました。運営サイドでも悪タイプデッキの研究は続けているのですが、同じ悪タイプと言えど使うカードは様々で、学ぶことも非常に多く有意義な時間を過ごすことができました。

また、悪タイプのデッキということもあり、フーパやアローラペルシアンのような、特定のポケモンからダメージを受けないような能力を持ったカードも増え、いかにして攻略するかが今後もバトルの鍵となりそうですね。


そして、サイドイベントでは、天候バトルというオリジナルルールを採用した対戦をさせていただきました。サイドの枚数に差がついた時、天候が変わり場のポケモンに影響を与えるというもので、一発逆転の要素もあったのですが、逆転要素ばかり与えるほど優しいルールではありませんでしたので、天候が変わった際には悲鳴が聞こえてくることも。笑

一部修正が必要な点もありましたが、大会ではない場だからこそできるお楽しみイベントを今後も考えていきたいと思っていますので、今後参加される方も楽しみにしていただければなと。


レポートは以上となります。毎回開催ごとに新規の方が沢山来てくださっており、その度に自分の中でもアナログゲームの輪が広がっていくのを実感します。特に今回は普段関西方面で活動している方や栃木方面から本イベントに参加者してくださった方もいらっしゃり、我々の活動も徐々に界隈に浸透してきたなと感じることもできました。


もう2019年の半年が過ぎましたね。この半年間あっという間に感じましたし、非常に多くの事がありました。本イベントの開催当初は参加人数が0人なんて時もありました。そこから様々な皆様のお力添えで今では平均17名以上は必ずいる大きなイベントへと成長しました。


それも運営陣の努力だけではなく、皆様がTwitterでイベント告知ツイートをリツイートして下さったり、イベント終了後に参加した感想などを書いていただいているということが積み重なって生んだ結果だと思います。誠にありがとうございます。


これからも皆様と一緒にアナログゲームの面白さを広めていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!


8月は様々なイベントと開催が被ってしまうことからお休みとなります。しかし、お盆近辺は皆様お休み方が多いということから東京に遊びに来る方も多くいらっしゃるかと思いますので、いつになるかはまだ分かりませんが、フリー対戦会を実施したいと思いますのでお楽しみに!(どうせ皆コミケ行くんやろ?)


また、本イベント終了後アンケートの方を実施しました。Twitter上でも行ったのですが、その中でも興味深い意見があったのでご紹介&回答をしたいと思います。一部ツイッターで紹介した内容と被りますが、回答後も新しい意見いただきましたので、こちらで回答していきたいと思います。


アンケート意見①

もし可能であれば、スタンダードの環境講座みたいのがあれば、嬉しいです。

回答

是非やりましょう。ただその時の流行デッキタイプについては多少変動しますし、一時的なものになるかと思いますので、その移り変わりにも対応できるような会にしていきたいと思います。


アンケート意見②

和室だと腰痛持ちには厳しい環境です。どれくらい厳しいかと言うとガルタが4ターン目に空飛んで殴って来るくらい

回答

運営も痛かったので前向きに改善します。


アンケート意見③

可能であれば、開催場所が秋葉原など東京方面に近いほうがありがたいです。

回答

これは結構いただいている意見でして、実は運営の中でも結構割れている内容です。ただ蒲田の会場は確保が非常に難しいのも事実なので、今後は茅場町と蒲田半々で開催していければと考えています。


アンケート意見④

普段対戦する機会が本当に取れないので、楽しく参加させてもらっています。もしかすると月2の開催でも良いのかもしれません。

回答

月2開催との意見ありがとうございます。それ程ご好評いただいていることには感謝を表しきれませんが、ぶっちゃけるとそれをしてしまうと運営費がもちません。


もし、参加賞や会場確保等がない状態でも良いというのであれば、不定期ではありますが、私共が主催するフリー対戦ミニイベント開催させていただいておりますので、そちらの方にご参加いただければ幸いです。ツイッター上ではフリー対戦募集という書き込みで募集を掛けさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


以上となります。皆様のご意見は全て拝見させて頂いておりますので、引き続き回答いただければ幸いです。可能な限り要望は取り入れていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします!


イベントのお知らせ

続きまして次回開催日程の告知です。


大交流会「ユリイカ #10」

日時:9月14日(土)

場所:コワーキングスペース茅場町 Co-Edo

時間:11:00開始


フリー対戦会(in8月)

日時:不明

場所:秋葉原近郊

概要:詳細が決まり次第ツイッターで募集します。多ければ2回くらい開催するかも?


以上となります。夏はイベント目白押しですが、暑さに負けることなくアナログTCGを一緒に盛り上げていきましょう!前回参加できなかった方や前回参加した方共にご参加いただければと思っておりますので、よろしくお願いいたします!


運営一同皆様のご参加お待ちしております。

0コメント

  • 1000 / 1000